So-net無料ブログ作成
検索選択

ケプラー宇宙望遠鏡の修復断念 [探査機]

NASAがケプラーの修復を断念したそうです。
533588main_kepler_DB_428-321.jpg
引用:NASA

ケプラーは2009年に打ち上げられたアメリカの宇宙望遠鏡で、
太陽系外惑星(太陽系の外の惑星)を観測していました。

液体の水が存在することは、生命が存在するための大きな要素ですが
惑星が恒星から離れすぎていると、水は凍ってしまうし、逆に近すぎてもいけない。
ハビタブルゾーンと呼ばれる、恒星から遠すぎず・近すぎず生命が生きられそうな領域
にある惑星が、太陽系の外にないか観測していたそうです。

故障の内容ですが、姿勢制御は4つリアクションホイールで行っていました。
4つのうち3つ動けば制御できますが、今年5月に2つ目が故障。
解決策を探っていたようですが、修復は不可能と判断したようです。
探査機のハード面の故障は痛い。
NASA-kepler.jpg

ケプラーの今後ですが、他の観測に転用される可能性もあるようです。
費用に見合うだけの観測結果が得られるなら、運用継続。
観測・通信機器の故障ではないので、おそらく続けるでしょう。

今まで得られたデータの分析は数年続くそうです。
液体の水が存在する可能性のある地球型惑星発見!!
数年後、そんなニュースが聞けるかもしれません。
485056main_GJ581g_FNLa_946-710.jpg
引用:NASA グリーゼ581g想像図

参考:http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130816001
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

stylesheet