So-net無料ブログ作成
検索選択

イプシロン初号機打ち上げ

img01.jpg
引用:JAXA

日本の新型ロケット、イプシロンが8月27日に打ち上げられます。

日本はH-ⅡAなどの大型の液体燃料ロケットを打ち上げていますが、
それらのロケットの打ち上げには、1機100億円を超える費用がかかります。
そのため大型ロケットは年に1、2機程度か打ち上げられません。

そこで打ち上げ費用を抑え、打ち上げ回数を確保する目的で
以前M-Vという固体ロケットも開発されました。
しかし実際には、M-Vは70億円を超える費用がかかり7機打ち上げ引退…

今回開発されたイプシロンは40億円前後で、30億円近くが最終目標。
そのため費用を抑えられるよう工夫されています。

イプシロンは三段式のロケットですが、
第一段にはHロケットシリーズの補助ブースタを転用。
第二段、三段もM-Vからの転用です。
さらに数ヶ月かかっていたロケットの最終組み立ても一週間程度で行うそうです。

また、これまでのロケットは、多くの検査員が時間をかけて点検を行っていましたが
イプシロンでは機械化され、コンピュータによるセルフチェックとなります。
打ち上げもPC数台で管制できるそうです。
ロケット自体のコスト削減はもちろんですが、人の手を省いて人件費も削るという方向に。

製造は主にIHI。打ち上げ能力ですが1200kg程度。
初号機ではSPRINT-Aという衛星を打ち上げます。
成功を祈ります!!

JAXAで生中継もあります。
JAXAのイプシロンページ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

stylesheet