So-net無料ブログ作成

HTV(こうのとり)のISSへのランデブ・ドッキング [HTV]

ep_transfer.jpg
引用:JAXA

HTVは、いきなりISSと同じ軌道に入り追いかけるわけではなく
一旦ISSよりも内側の軌道に投入され、徐々に高度を上げながらISSに接近するそうです。
HTV軌道
引用:三菱電機


[ランデブ・ドッキング]


H-IIBから分離されたHTVはGPSで位置を確認。
異常点検や通信の確保を行い、ISSへの接近を始めます。
p_01.jpg
引用:三菱電機

お互いの距離が23kmまで近づくと、HTV・ISS双方に搭載されている
近傍通信システム(PROX)を使って直接通信を始めます。
PROXは、姿勢制御や動作状態のデータのやり取りができ、
HTVをISSまで安全に誘導、ドッキングを支援するシステム。
三菱電機が開発したもので、アメリカのシグナス宇宙船にも採用されており、
1ユニット7億円ほどで輸出されています。

ISSの下方500mまで回り込むと、そこからはレーダーも使用。
300m・30mの位置では一旦停止して、地上から許可を得てさらに接近。
最終的に10mの距離で、HTVとISSは相対的に停止(秒速約7.7kmで併走状態)。

宇宙飛行士が操作するISSのロボットアームがHTVをつかみ、
ISSのハーモニーと呼ばれるモジュールまで誘導。
共通結合機構(CBM)をつかって、HTVとISSはドッキングします。
HTV&ISS

[安全性]


ISSには宇宙飛行士が滞在しており、HTVの誤作動、故障によるISSへの衝突は許されません。
そのためHTVは構成部品自体の信頼性はもちろん、
さらにシステムに2重、3重の安全策がとられているそうです。
たとえば電力は2系統から供給されていて、一方が故障しても、
残った一方に切り替えられ、すべての供給をまかなえます。
またCPUもひとつが故障しても、他のCPUにタスクが振り分けられ作業を続行できます。

HTV(こうのとり) [HTV]

HTV.jpg
日本の無人宇宙船補給機で、国際宇宙ステーション(ISS)への補給を行っています。
H-II Transfer Vehicleの頭文字からHTV”こうのとり”は愛称。
H-ⅡBというロケットで打ち上げられます。

ISSは多くの国が協力する国際プロジェクトですが、
日本も主に”きぼう”という有人実験施設で参加しています。
この”きぼう”をはじめISSで使用される実験装置をHTVで運ぶそうです。
またISSには常時6名の宇宙飛行士が滞在しており、彼らの食糧や衣類の輸送も行っています。


[ランデブー]


打ち上げられたHTVは5日間かけてISSに自動で接近、10mの距離でランデブー。
宇宙飛行士が操作するISS側のロボットアームにより、”HTV”とISSはドッキングします。


[補給]


HTV図.jpg

・補給キャリア与圧部


食料や船内用実験ラックなど、ISS船内で使用される物資が搭載されます。
共通結合機構(CBM)を通じて、ISSから宇宙飛行士が乗り込み、
物資をISS船内へ運び込むそうです。

・補給キャリア非与圧部


船外で使用される実験用具が、曝露パレットと呼ばれる台に乗せられています。
この曝露パレットがISS側のロボットアームで引き出され、”きぼう”側のロボットアームに渡されます。
”きぼう”側のロボットアームは、実験装置を船外実験プラットフォームに取り付けます。
空になった曝露パレットは再び”HTV”に戻されます。

[再突入・データ収集]


HTVはISSで出た廃棄物を積み込み、ISSから離脱します。
その後、大気圏へ再突入、燃え尽きます。
HTVには「i-Ball」と呼ばれる再突入データ収集装置が搭載されていて
この「i-Ball」だけは燃えずにパラシュートで減速・着水して、再突入データを送信します。

HTV(こうのとり)のデータ


全長直径質量補給能力軌道打ち上げロケット
 9.8m  4.4m  10.5t  6t 高度350km~460kmH-ⅡB


出展:
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/htv/design_j.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

stylesheet